レーザー治療

痛みの少ないレーザー治療

痛みと振動がすくなく人にやさしいレーザーEr:YAGレーザー装置。歯科治療の新しい方法として 注目されているレーザー治療。モリタの開発したEr:YAGレーザー装置アーウィン アドベールは、レーザー治療 に必要な機能をスタイリッシュなボディに集約。 さまざまな治療シーンに対応できる多彩なコンタクトチップとフレキシブルな操作性が、患者さんの負担をやわらげ、 院内の効率的なレーザー治療を実現します。

レーザー治療の特徴

レーザー治療
●痛みがほとんどなく、麻酔の必要性が少ない
Er:YAGレーザーは、発熱が少なく、痛みが非常に少ないレーザーです。麻酔をする必要性が少ない。

●殺菌効果があり、治癒が早い

レーザーの熱作用により、虫歯菌や歯周病菌を殺菌することができるため、虫歯や歯周病、歯の根の治療に効果があります。また、歯肉を切開した後も傷が早くきれいに治ります。

●不快な「キイーン」という音や 「ガリガリ」という振動がありません。

Er:YAGレーザーは、過去の治療で経験したドリルによる「キイーン」という音や 「ガリガリ」という振動が苦手な方には最適な方法です。レーザーで虫歯の部分だけを取り除くことができるため、健全な部分を多く残すことができます。

●安全性が高い

レーザー治療は、妊娠中の方や高血圧、心臓病(ペースメーカー)の方でも安心して受けられる治療法です。さらに、Er:YAGレーザーは、生体組織の表面に反応するため、安全性の高いレーザーです(様々な使用目的と効果・効能が薬事承認されているレーザーです)。

●口内炎や知覚過敏の痛みを除去できる

口内炎や知覚過敏は、通常数回のレーザー治療で痛みを取り除くことができます

レーザー治療の長所と短所

【長所】
  • 小さな虫歯に対しては悪い部分だけを取って詰められる。
  • 虫歯の部分の歯の内部に侵入している細菌を殺菌できるので、虫歯が再発しにくい。
  • 大きな音や振動がなく、また痛みをほとんど感じずに治療を行える。
  • 保険適応
【短所】
  • 普通に削るよりも多少、時間がかかる。
  • 歯と歯の間や入り口が小さい虫歯などではレーザー光が届きにくいのであらかじめ削る場合があります。
  • 古い詰め物を除去することは困難。

Er:YAGLaserの特徴

痛みの少ない治療

Er:YAGLaserの特徴
多くのレーザー波長の中で、歯科医療にEr:YAGレーザーが最もふさわしいといわれる理由は、 水への高い吸収性にあります。Er:YAGレーザーは、水を含んだ生体組織に対する蒸散能力が高く、 表層にのみ反応が起こり、熱の発生が微小なため、痛みが非常に少ないという特徴があります。

身体組織に負担の少ない治療

Er:YAGレーザーは、蒸散という反応が照射部の表層に限定されて行われるため、CO2Laser、Nd:YAG Laserに比べ、 透過光による組織深部への影響が少なくてすみます。またエナメル質にクラックが起こりにくく、 照射エネルギー密度が低いため、周囲組織への影響はほとんどありません。

さまざまな臨床ケースに対応

多彩なチップインナップにより、軟組織から硬組織まで幅広い治療に対応できます。

多くの使用目的と効果・効能が薬事認証

硬組織疾患、歯周疾患、軟組織疾患のさまざまな使用目的と効果・効能が薬事承認されています。